引越しのいろは

一人暮らしでの家事のコツとお金の節約

一人暮らしを始めるにあたり、今までと一番大きく変わるのは、やはり家事を全て自分でしないといけないことでしょう。

 

家に帰れば掃除されたキレイな部屋、待っていれば三食のご飯、カゴに服を入れておけば翌日には洗濯済み…なんてことは無くなります。
掃除も料理も洗濯も全て自分ですることになります。

 

学生ならば勉強やサークルと、社会人ならば仕事と、これらの家事を両立しなければなりません。
一日のほとんどを大学や職場で過ごすという人もいるでしょう。
そんな人は、家事をする時間がなかなかとれないかもしれません。

 

しかし、自分が家事をしなければ誰もやってくれません。
そこでまずは掃除や洗濯の曜日を決めましょう。
疲れて帰ってくると必ず「明日でいいや」とどんどん先延ばしになっていきます。
疲れていても、「何曜日は掃除機をかける」などという決まりを作ってください。

 

休みの日があるのならばその日にしてもよいでしょうし、
休日はサークルやバイトで休みは1日もないというのであれば早く帰れそうな日にしましょう。
次の日起きる時間が遅い曜日でも良いでしょう。

 

これで1週間に1度は洗濯・掃除をする習慣ができます。
時間に余裕のある人は1週間に2度、3度でももちろんOKです。
忙しい人はタオルなどの替えを用意しておけば1週間に1度でも十分に生活できます。

 

洗濯・掃除ができれば、次は食事です。
最悪、料理はできなくてもコンビニやスーパーなどで買ってこれば生活することはできます。
しかし、一人暮らしはお金がかかるので、なるべくなら自炊しましょう。

 

一人暮らしで初めて自炊するときは野菜などを買い過ぎないように注意してください。
一人で食べられる量を買わないとすぐに腐って捨てることになってしまいます。

 

保存できるものは多めに作っておけば、毎回作るよりも楽で光熱費の節約にもなるでしょう。
お金を節約するために、1週間で使うお金を決めておくと良いです。
食費は週いくらと決めて、余った分は貯金します。

 

服など自分へのご褒美は、月末にここから出すと良いでしょう。
ただし、無理はしないようにしてください。
もし食費を削ってお金を節約した結果、体調を崩してしまえば今度は医療費がかかります。
節約したいからといって食費を削るのはあまりオススメしません。

 

オススメは交通費です。
通学・通勤に使っている電車やバスをやめて自転車もしくは歩きにすれば、
交通費の節約にもなる上に運動にもなります。
特に大学生や社会人で運動不足だという人は通学通勤方法を変えてみると良いでしょう。

 

一人暮らしも数ヵ月経てば自分の生活リズムができてきます。
最初にだらけてしまわないように気をつけましょう。

 

節約に関するこだわり

 

財布は日常的に使うものですので、大切なものです。
ですから、財布を選ぶ際には色々なこだわりがあり、そのこだわり通りに財布を選ぶようにしています。
まず、一番大きなこだわりは、財布は長く使わないと言う事です。

 

迷信めいた事ではありますが、同じ財布を長く使うとお金が貯まらないと言われています。
ですから、私は財布は3年で買い替えると決めて、3年ごとに財布を慎重しています。

 

次に財布本体のこだわりです。ここにはたくさんのこだわりがあります。まず、二つ折の財布である事。
これは、財布は常に肌身離さず持っていたいために、長財布では邪魔になってしまう場合もあり不都合が出てきます。

 

その点二つ折の財布ならば、カジュアルな服装であってもポケットに忍ばせる事が出来るので、二つ折にこだわりがあります。
そして、札入れは二つに分かれていると言う事。

 

これは札入れの整理がしやすいからです。1万円札とそれいがいのお札と言うように分けたいので、二つに分かれていなくてはいけません。
さらに、カード入れは3か所。
これもこだわりです。カード入れの分は多くても少なくてもいけません。

 

カード入れが多いと、ついついカードをたくさん財布に入れてしまうので、財布がパンパンに膨れてしまって格好が悪いです。
またカード入れがなければないで、必要最低限のカードを持ち歩く事も出来ないので不自由を感じます。
そして個人的な使い勝手としてカードは3枚あれば十分だと結論がついたので、それ以来カード入れは3か所にこだわっています。
最後に小銭入れが付いている事。

 

これもこだわりです。小銭入れが付いていると言っても小銭は別の小銭入れにいれるとの、財布のは使いません。
しかし、指輪をはずしたりする事もあるので、その時無くさないように収納出来る一番安全な場所が財布の小銭入れなのです。
そのため、ようは収納スペースとして小銭入れが必要となるのです。

 

これが財布 メンズ本体のこだわりとなります。

 

このようなこだわりの上で財布を決めているのですが、ここ15年くらいはずっと同じ財布を買い換えて使っています。
グッチの二つ折の財布なのですが、値段は五万円程です。
この財布はこれらすべての要素を満たしてくれるものなのです。

 

もちろん、それだけではなくデザイン的にも気に行ってます。
素材は革ではなくポリエステルのような素材なために汚れにくく、革特有の香りもないので気にってます。
3年毎に買い換えているため、現在の財布で5代目となりました。

 

子どもの新学期に備えてランドセルを準備しよう

 

ランドセルといえば、ピカピカに光った、塗装した革のものが多いのが特徴でした。
ところが最近になり、職人が手作りした「ヌメ革」のランドセルが人気を集めています。

 

ヌメ革ですから自然な風合いで、これまでのピカピカとしたランドセルとは
まったく違った印象です。
「他の子どもとは違ったランドセルがほしい」
という人には、ぜひオススメです。

 

こだわりの手作りランドセル

 

ヌメ革のランドセルを製造・販売しているのは、「フィットちゃん」です。
登場した途端に、渋谷・青山界隈で人気を集めるに至りました。

 

ランドセルに使用されているのは、タンニン鞣しの牛革。
ヌメ革は美しい経年変化が特徴ですから、使い込めば使いほど、風合いと味わいを増していきます。

 

ただもちろんランドセルは、子供が6年間使うものですから、丈夫なことが必要です。
フィットちゃんのランドセルは、分厚い革と、糸の中でも最も太いものを使用していますので、
非常に丈夫に出来ています。

 

フィットちゃんには、職人の一人ひとりが、それぞれのアイディアを出しながら、
ランドセルを製造しています。

 

卒業後も使い続けられるランドセル

 

フィットちゃんのランドセルは丈夫に作られていますから、小学校の6年間はもちろん、
小学校を卒業してからも使い続けることができます。

 

ショルダーストラップは大人用のものも用意されていますから、それを付け替えれば、
大人になってからも使うことができます。
またショルダーストラップを外して手提げかばんとしても、使うことができるようになっています。

 

収納力も充実!

 

フィットちゃんのランドセルは、耐久性だけでなく、収納力も充実しています。
まずランドセルの大きさが、A4より少し大きめになっていますから、
A4クリアファイルもすっぽりと収まります。

 

またこれまではA4より少し大きめなサイズだったため、ランドセルには入れにくかった
連絡袋も、フィットちゃんのランドセルならラクに入ります。
また大型の筆箱もすっぽりと入り、小学生に必要十分な収納力があります。

 

軽量で体に馴染む

 

さらにフィットちゃんのランドセルは、余計なものがないシンプルなデザインのため、
軽量であることも特徴です。
またヌメ革でできていますから、使い続けるうちに人の体に馴染んでいきます。

 

【2015年度】フィットちゃんランドセル最新人気特集!